本文へスキップ


さくらおろち湖トレイルランニングレース

 第5回大会の招待選手です。
 



招待選手紹介


第5回さくらおろち湖トレイルランニングレース 招待選手

眞舩 孝道 選手 [Mafune Takamichi]   

【プロフィール】
■ チーム SALOMON
■ ふくしまトレイルランニング振興会 代表代行
■ 株式会社EWM ファクトリー 南会津開発センター
■ Mt.mafu プロジェクト:ナビゲーター
■ 福島県南会津地方在住(西白河郡西郷村出身)
■ 1978 年生まれ(36 歳)
■ mafu-blog + 山と魂+ http://ameblo.jp/555mafu555/
■ facebook https://www.facebook.com/takamichi.mafune

小学校から高校までの約10年間を野球少年として過ごし、大学時からフルマラソンに挑戦。
野球から転向後、3年目にしてフルマラソンを2時間26分で走る。
大学卒業後、地元福島県に戻り、私立高校(郡山市)で、生徒を指導する傍ら、国体の山岳
競技(縦走)と出会う。 2007年を もって山岳競技(縦走)が国体から廃止となると、次なる活動
ステージを「トレイルランニング」へと移行し、私立大学職員(福島市)として働く傍ら、春夏秋は
トレイルランニング・MTB、冬はクロスカントリースキー&スノーシューと、オールシーズン福島県
の雄大な自然環境を活かしたマウンテンスポーツ活動を精力的に行う。
今春(2015) からは、より豊かな自然環境でのライフスタイルを求め、福島県南会津地方へ
ファミリーで移住し、春夏秋冬、ふくしまを駆ける「Mountain Player」として、全身全霊のマウンテン
ライフを発信し続けている。
元福島県代表の国体選手であり、少年期から現在に至るまで、スポーツを通した人々との出会い
に恵まれた感謝の想いから、 “福島県”と“スポーツ”への想いは人一倍大きい。
その想いの中で、「トレイルランニング」という新しいアウトドアスポーツを通して福島県民、並びに
福島県を訪れていただける方々の「夢づくり、地域づくり、人づくり」のお手伝いができればと、2012
年に立ち上がったふくしまトレイルランニング振興会の代表代行を務め、オールシーズン福島県の
大地を元気いっぱいに 駆け回る本格派サラリーマンアスリート&パパさんアスリート。